コンテンツ

【延期】内臓マニピュレーションVM-1

日 程 

2021年2月20日(土)~23日(火・祝)  開催期間:4日間 ※日付が変更になりました

9時30分~17時30分(最終日は16時まで)

 

講師:Damian Kitcheman D.O.

 

講師は、本家アメリカのThe Barral Instituteより派遣されます。 Damian Kitcheman D.O. ブリティッシュ・スクール・オブ・オステオパシー(BSO)卒業。 ジョン・ワーナムDOやローリー・ハートマンDOがBSOで教鞭を取っていた時代に、 学生として学ばれた貴重な経歴を持つ。 またバラル・インスティチュートで様々なセミナーを積極的に学ばれ、 頭蓋オステオパシーも深く学んでいる優れた講師です。

講師よりメッセージ
私は英国のインスティチュート・オブ・クラシカル・オステオパシー(Institute of Classical Osteopathy)にて、ジョン・ワーナム(John Wernham) D.O.のガイダンスに沿ってトレーニングを始めました。
ワーナム氏は、ジョン・マーチン・リトル・ジョン(John Martin Little John)D.O.の教えを受け、リトル・ジョン氏自身はアンドリュー・テイラー・スティル(Andrew Tailor Still)M.D.,D.O.から学びました。
私はその後ロンドンのブリティシュ・スクール・オブ・オステオパシー(British School of Osteopathy)で学習を続け、2002年に同校を卒業しました。
ICOでの学習は、興味深くてやりがいのある《オステオパシー》という職業のキャリアを積むための強固な基盤となりました。
スタート時点から、身体が一つの統一体であるというパラダイムが強調されていました。 私はすぐに促通された分節(facilitated segment)に興味を持ちました。
伝統的な考え方では、筋骨格系と内臓のつながりを促通という神経的な現象によって説明することが多いからです。

卒業後はジャン=ピエール・バラル(Jean-Pierre Barral )D.O.の教えを学び、これがオステオパシーの理解を深めてくれました。

私が学び始めたころ、オステオパシーのやり方を学ぶのに5年かかり、マスターし、習得するまでにさらに10年かかると言われたのを覚えています。

ジャン=ピエール・バラル氏とバラル・インスティチュートの教師陣のご指導のおかげで、私はオステオパスという職業を正しく実践し私の患者を治療しています。

受講資格:国家医療資格者

・医師・歯科医師・理学療法士・作業療法士・柔道整復師・あん摩マッサージ師,指圧師・はり師・きゅう師・看護師・2年制以上のオステオパシー学校またはカイロプラクティック学校卒業生※要審査あり

内臓マニピュレーション

内臓マニピュレーション(VM)は、バラルD.O.が開発し発展させたものです。VMは筋骨格系、循環系、神経系、泌尿生殖器系、呼吸器系、消化器系、リンパ系、それぞれの機能障害を含む、全身の機能的・構造的な症状に対して有効だと言われています。

VMセミナー全6回のうちこの第1回目は、内臓マニピュレーションシリーズの基礎となるものです。

内臓マニピュレーション1【VM-1】

内臓、および内臓のファシアや筋骨格系への靭帯性付着部の評価と治療

これが内臓マニピュレーション1(VM1)で紹介される基本的な内容の完璧な概要です。
セミナーでは、身体の適応プロセスに注意を払い、今この瞬間に身体がもっとも苦しんでいる部位を特定しながら、患者を評価するスキルを学びます。
内臓マニピュレーションテクニックは、講師のデモの後、多くの時間を実習に費やし、実技中の指導によって臨床に使える技能を習得します。
VM1のテクニックをベーシック・テクニックだではありません。
これらはジャン=ピエール・バラルD.O.が現在も使っているテクニックと同じものです。
VM1で学ぶテクニックは、今後習うスキルのうちで、もっとも重要なものであり、あなたはこれを土台として経験を積み、その上に内臓マニピュレーションのキャリアを構築していくのです。
VM1のスキルとテクニックによって、あなたは内臓の健康状態に影響を与え、その結果として患者を健康にする能力を獲得することでしょう。
またそれと同時に筋骨格系の機能も改善されます。
このことは臨床で成功するための重要なポイントです。
患者が来院する第一の理由は、何らかの筋骨格系の問題だからです。
そのため、治療前後のファンクショナルおよび、バイオメカニカルなテストを含めた内臓マニピュレーションテクニックを向上させ、メカニカルな身体と、その内部に収められている内臓の相互関係を証明することが重要です。
あなたが内臓と筋骨格系との深い相互関係を証明することができれば、患者はその関連性やあなたが行っていることの重要性を理解するでしょう。

コースのハイライト

VM-1では、非常に感度の高い触覚を発達させることに重点を置いています。内臓マニピュレーションには、このアプローチに特有の触診技術が必要となります。この様な能力を完全に取得するには、時間と練習が必要です。したがって、各コースにおいて受講者の習得度に合わせ、異なるレベルの技術が教授されます。授業では、内臓組織のタイプと層を識別する能力に注力する予定です。個々の構造及びアクセス可能な結合組織を見極めるテクニックも学びます。授業では下記のトピックを取り上げます。

  • 緊張力(トーン)、弾性、伸展性、繊維症(該当する場合)など、組織の質の識別
  • 動き(モーション)、可動性(モビリティ)及び運動性(モティリティ)
  • 刺激に対する反応性及びその他の身体組織との機能的関連性

受講者がこれらのテクニックを学ぶ一助とすべく、各器官の詳細な解剖学及び機能的力学が教授される予定です。

 

ティーチングアシスタント(嵩原 誠人先生)SAJ1期卒業生

2019年8月1日、SAJ一期生卒業生の嵩原誠人先生がバラルインスティチュートジャパンのセミナー「内臓マニピュレーション1」で、彼の知識と技術レベルを高く評価され、本家のバラル・インスティチュートから正式にティーチングアシスタントとして認定されました。
当会としても非常に誇らしい事です。 この度行われるVM-1では、早速ティーチングアシスタントとして活躍して頂きます。
ティーチングアシスタントよりコメント
VM1のティーチング・アシスタントを担当します、嵩原です。
このVM1セミナーでは、5つの器官について学びます。 それは、①肝臓 ②胃 ③胆のう ④小腸 ⑤大腸です。
これだけ学ぶだけでも大変ですが、それらに追加して2つの傾聴(Listening)も学びます。全体的な傾聴と局所的な傾聴です。  
逆に考えますと、このVM1セミナーを受けることで、5つの器官のうちどれか1つ、もしくは複数が原因として體全体へ及ぼされる様々な不調や《病気》の予防が、可能になる訳です。  
臨床では、寝違い様の首の痛み・機能障害的な頚椎ヘルニア・肩こりなどが、VM1オステオパシーで解放されるなど施術効果は多岐にわたります。
また、傾聴を知らずしてオステオパシーを語ることはできません、と言っても過言ではありませんので傾聴も学んでいきます。
今回のVM1セミナーを受講されますと、いままで臨床では対応しきれなかった方達にも、施術効果を体感させることができるようになり、治療家としてのスキルが一段とUPされることでしょう。 セミナー会場では、一緒にこれらの体験を1つでも多く共有していきましょう。
 
 

募集要項

会場アクセスマップ

日程

2021年2月20日(土)~23日(火・祝) 開催期間:4日間
9時30分~17時30分 ※9時受付開始

※日付が変更になりました

会場

東京都中央区日本橋堀留町1丁目5-7 ユービル 7階 7D
(TEL:03-6661-9029)
セミナー会場と事務所は同じです。

講師

未 定

定員

40名

お申込み

お申込みフォームよりお申込み頂けます こちら

締切:2021年2月8日 ※セミナー中止は2/8までに連絡致します。

参加費

料金表
  通 常 12月24日(木)迄 ¥38,000引き   1月25日(月)¥18,000引き
JOMA会員  ¥180,000  ¥142,000  ¥162,000
SAJ学生・SAJ卒業生  ¥165,000  ¥127,000  ¥147,000
一  般  ¥230,000  ¥192,000  ¥212,000

※分割払いも可能です(事務所にお問い合わせください)。
最大4分割までです。JOMA会員は6ヶ月以内、会員以外は4ヶ月以内に支払いのこと
*Students

★2回目以降ご参加の方は上記通常料金の半額となります  ※リピーター割★

申し込み

BARRAL INSTITUTE JAPAN バラルインスティテュートジャパン 事務局

メールでのお申し込み

FAXでのお申し込み

締切り

参加希望の方はメールフォームまたは申し込み用紙に所定の事項をご記入の上、2021年2月8日(月)までにお送りください。

※定員になり次第締め切ります。

振込先   Bank

【銀行】みずほ銀行 飯田橋支店 店番号061    
口座番号 2515204 (普通) 
一般社団法人スティル アカデミィ ジャパン
代表 原田 健穰 (ハラダ ケンジョウ)

MIZUHO BANK, LTD. 
SWIFTCODE/BICCODE : MHCBJPJT
BRANCH NAME IIDABASHI Branch
BENEFICIARY’S ACCOUNT NO. 061-2515204 
STILL ACADEMY JAPAN
KENJO HARADA

 

備考

※この技術を使用し万が一事故が生じた場合、当会では一切責任を負いません。

※カメラ・ビデオカメラ及びそれに類するものの持ち込みは禁止いたします。

※録音は可能です。

※キャンセル料
開催初日8日前までは振込手数料を引いた差額を返金いたします。
それ以降は参加費に対する1割と振込料手数料を差し引いた金額を返金いたします。
なお、前日・当日のキャンセルにつきましては、一切の費用返金不可となります。

※ペアの希望について
希望のペアをご所望の方はお互い相手の了解を得て、相手を10日前までに事務局にお申し出ください。
この場合、前列中央から離れた方に合わせてのご着席となります。

※セミナー進行の都合で一部内容や時間が変わる事もあります、御了承下さい。

ページ上部へ
  • お問合せフォーム
  • セミナー申し込み
  • ONLINE SHOP
  • SHOP
  • CART
  • LOGIN